RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ママチャリでゆく☆のんびり土手沿い子連れ旅

2014.11.07 Fri
子供乗せ自転車を買った。
前に子どもを乗せ市内を思う存分徘徊していたのだが、あんまりにも良い天気の秋の日、橋を渡りたくなってしまった。
141105_3691.jpg
▲荒川大橋!(これは江南側から市街地をみた風景)
全長846m。

141105_3690.jpg
▲橋を渡るときれいに整備された土手がある。自転車で走りやすい!
ぐんぐん走る。気持ち良い。バッタが跳んだり蝶々もひらひら。
せっかくなので平山家住宅まで行ってみよう。

141105_3688.jpg
▲到着。市街地から自転車で30分ほど。
前日の雨がゆっくり藁葺き屋根を伝って落ちている。この速度がいいんだよなあ。
当主の方が顔を出して下さり、しばし談笑。上がってよいというので遠慮なくザシキへ。

141105_3679.jpg
▲ザシキから外をみる。
板の間は冷たいけど日の当たる畳はぽかぽか。

141105_3678.jpg
▲障子も美しい。

141105_3676.jpg
▲外縁の木漏れ日。

141105_3677.jpg
▲日の当たる場所にあった唐辛子。おじさんが土間で鋤(スキ)の柄を直している。
重要文化財ながら実際に使われているのが心地よい。

141105_3687.jpg
▲縁側でひなたぼっこ。

141105_3742.jpg
▲帰り道に土手で摘んだ花とパンフレット。

141105_0028.jpg
▲平山家住宅 平面図

141105_0027s_201411071453539ac.jpg
▲文章は「熊谷デジタルミュージアム」に同じものが載ってました。

【旅データ】
重要文化財 平山家住宅
埼玉県熊谷市樋春(ひはる)1067
人数:大人一人 子ども(一歳10ヶ月くらい)一人
料金:無料
時間:自転車で荒川大橋の市街地より片道30〜40分程度



スポンサーサイト
Category:子連れ旅 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

ひまわり号でゆく☆のんびりバスの子連れ旅

2014.04.22 Tue
熊谷市民のバイブル「くらしのカレンダー」の「ゆうゆうバス時刻表」を見ていたらバスに乗って出かけたくなりました。

一歳過ぎの子どもは歩くのが楽しくて仕方ない時期。
無理にベビーカーにしばりつけるより、バスに乗ったら楽しいかも。

リュックにスリングとお弁当を入れ、おむつ替えや授乳スペースの確保は「ベビ★マ」というアプリで解決し、いざ出発。

9:34 本石 「直実号」乗車
140422_165201.jpg
▲300円を握りしめ、その場で購入。(買う人少ないのか運転手さん少し手間取ってました…)

星川(→星川の彫刻の謎)の鯉のぼりを堪能し、バス停ごとに流れる新熊谷市歌が段々くどく感じられる頃…
10:05 熊谷駅南口 着。降りるとすぐに次に乗るバスがやってきました。

10:20 熊谷駅南口「ひまわり号」出発。
荒川を越えると、のんびりした風景が広がって「こんなトコを通るの?!」という道を運転手さんの素敵なドライビング・テクニックで進んでいきます。心地良い揺れで子どもは爆睡。(重い。さっさとスリングに入れるんだった…)


11:00 長島記念館 着。最後まで乗ってたのは私たちだけでした。
140422_165202.jpg
▲パンフレットと観覧券 一般300円。

蔵のなかに展示してある長島恭助氏が収集した刀剣や絵画を見たあと…
140422_1610.jpg
▲主屋は五月人形が飾られていました。

140422_1594.jpg
▲個人的趣味の木製建具やガラスも堪能。

140422_1595.jpg
▲赤い毛氈の敷いてある縁台で片手で一歳児をつかまえつつお弁当。
 受付の方にいただいたお茶も漬物も美味。特にこのお庭で採れたという蕗の煮物がうまい!

さて、帰りのバスが来るまでもう一回りしますか。
140422_1609.jpg
▲お花も素敵に活けてあります。

140422_1598.jpg
▲回遊式庭園なので、今度は逆回り。

140422_1600.jpg
▲いろんな花が見事です。

140422_1614.jpg
▲帰りに庭の蕗を少し分けていただきました。リュックに差して持ち帰り。

13:25 「ひまわり号」出発。乗客たちと運転手さんの会話を聞きながら昼寝。のどかだ…

14:10 熊谷駅南口 着。途中でぽろぽろ人が乗って、バスはほぼ満員でした。
そして熊谷駅ビル「AZ(アズ)」の本館4階 授乳室へ直行!買い物しつつ南口へ戻ります。

14:45 熊谷駅南口「直実号」出発
14:53 本石 着。ぐずることなく無事に帰ってこられました。

子どもは疲れたらしく、夕ご飯とお風呂をパスして寝ちゃいました。

ということで蕗です。
140422_1615.jpg
▲教わった通り、板ずりしたあと茹でて…

140422_1619.jpg
▲美味しくできました!

【旅データ】
人数:大人一人 子ども(一歳半くらい)一人
料金:合計600円
時間:約6時間30分

Category:子連れ旅 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。