RSS|archives|admin

20071215★直実史跡めぐりの会

2007.12.15 Sat
20071215.jpg
▲はがきサイズに史跡を巡りながら描いたので、かなり細かくなった。

●スケッチに書きこまれたメモ
10:00 市役所集合。
10:30 中央公園で枝垂れ桜「玉津留姫」「千代津留姫」をみる(熊谷次郎直実の娘名)
10:45 用水路沿いを歩き箱田神社へ。鳥居正面は拝殿で左側が本殿(格式が高い)
10:55 念仏堂。荻野吟子の養女の菩提寺である。
11:20 千形神社。30年くらい前は土俵があった。昭和初期までお相撲をやっていた。
    陣屋があった(熊谷が忍藩の領地だった頃)
11:30 熊谷市奴稲荷→八木橋前「賢治の碑」
    「武蔵の国 熊谷宿に蠍座の 淡々ひかりぬ 九月の二日」
    「熊谷の 蓮生坊がたてし碑の 旅はるばると泪あふれぬ」
12:00 大里郡の総鎮守「高城神社」 市指定有形民俗文化財「常夜灯」青銅製・1841建。
    社務所で「熊谷うどん」(タカヒロフーズ)と「甘酒」(権田酒造)で舌鼓。



Category:くまがや | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |