RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

20050417★斎藤大工

2005.04.17 Sun
「W邸をつくったのは斎藤大工」
お習字の斎藤先生のお義父さんが大工だったなと、その足で聞きに行く。
書道教室はW邸と同じ川沿いにあり歩いて2、3分。
050417_01.jpg
▲W邸・二階建具


「元気だった?お茶のんでいきな」と先生。「この先にあるWさんちって斎藤大工がつくったんだって。先生のお義父さんかなあ?」「ひょっとしたら、そうかもしれないねえ」「昭和初期に建てられたんだって」「じゃあ可能性はあるねえ」そう言ってお義父さんのことを思い出しながら話してくれた。

050417_05.jpg
▲W邸・階段


名前は斎藤真作。第二次世界大戦末期の昭和18~19年頃、満州へ。
終戦後「これから帰る」という手紙と、そのあとガラクタだけの荷物が届いた。本人は帰って来なかった。「おそらく金目の物は全部盗られちゃったんじゃないか」と家で話してたそうだ。近くにある「文殊院」(熊谷市箱田7-1-5)も建てたらしい。

050417_06.jpg
▲W邸・一階建具など



Category:くまがや | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<20060402★川沿いスケッチ会 | HOME | 20050417★こんなに素敵な家が残っていたなんて>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kumagayamachiaruki.blog111.fc2.com/tb.php/23-28a8c3f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。