RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

群馬のベーハ小屋02

2011.06.17 Fri
最初に見つけたベーハ小屋で「近くに煙草乾燥小屋ありますか?」と聞いたところ「さー、どうだかなァ」と言われ近くにないのかと探し始めた矢先に発見。
110612_4121.jpg
▲二軒目発見。煙草乾燥小屋がどんなものかわかっていないと見つけにくい。

110612_4111.jpg
▲反対側から。写真を撮ろうと車の外に出ると、鳥の鳴声と家の周りを細く流れる用水路の水音がサラサラと聞こえた。

110612_4107.jpg
▲庭先での農作業が一息ついたところのようで、お母さんに話を聞かせてもらえた。

どのくらい前までタバコやってたんですか?「私が娘時分の頃はやってたから・・・50年くらい前までは確実にやってたね。」(お母さん、いくつなんだろう・・)「茨城からタバコ農家の先生が教えに来ていたのよ」おお、茨城といえばベーハ小屋の聖地!昭和34年の資料では全国で一番多かったというから、納得。昭和34年=1959年、今が2011年だから・・ほぼバッチリ。
こちらの乾燥小屋も二間×二間。ただ「今は物置だから」と中は見られず、残念。

群馬はお蚕が有名なのでタバコのイメージありませんでした、と言うと「タバコと蚕は仲が悪いから」と教えてくれた。蚕は20年前まではやっていたそうだ。「タバコの乾燥は5日間くらいかな?青い葉を入れて乾燥するまでだから・・」思い出しながら話がすすむ。
注)青い葉=黄色種以外のタバコ、という確認はしていない。
  話の流れで「乾燥する前の」青い葉という言い方だったように思われる。

ここで「電話だよー」と息子さん登場。
息子さんは多分30代後半くらい。「タバコやってたなんて記憶はないよ。あの小屋が煙草の乾燥に使われていたなんて今日知ったくらい。蚕は手伝わされたから覚えている」と教えてくれた。
今は周辺でも蚕やっているのはほんの僅かで、桑抜いて普通の畑か、多少はそのままにしての兼業農家が多いそうだ。帰り道、畑の端に実をつけた桑が何本か並んでいた。

後日、煙草栽培が盛んだった愛媛県の資料に100時間火の番をした、という記述を見つけた。24時間×5=120時間、まあ4、5日寝ずにいたということだろう。そしてこの資料によると、愛媛・瀬戸内の島々では桑畑→タバコとなっているが逆に群馬ではタバコ→桑畑となっているのが興味深い。
また自動車販売のヤナセ二代目である梁瀬次郎氏のウィキペディアに「母の祖父は群馬県で一番のたばこの栽培業者で、いわゆる吉井のお大尽だった」という記述がある。
大正5年生まれの梁瀬次郎氏の記憶だから、早くて大正10年頃から大正末期、昭和初期あたりか。上の世代に聞いた話かもしれないが、そのころ「お大尽」になるには明治期にタバコで稼いだのだろう。
お蚕よりも前に群馬県吉井ではタバコ栽培が行われていたのである。


Category:ベーハ小屋 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<スズメの観察01 | HOME | 群馬のベーハ小屋01>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kumagayamachiaruki.blog111.fc2.com/tb.php/87-1e402066

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。